ゴルフ工房クラブマイスター

自分の写真
ゴルフクラブ工房の職人です。厳しいゴルファ-に囲まれ、リシャフト(シャフト交換)・修理調整・グリップ交換の技を磨いています。高い技術を安価に提供する、ゴルファ-サポ-タ-です。★シャフト・グリップの持ち込み(持込)無料。無料クラブ診断・シャフトスパイン調整も無料です。営業時間:10:30~19:00 水・祝日定休 | 大阪府豊中市蛍池西町1-6-1 津田吉ビル                    (Tel:050-3322-1516・06-6850-1118・Fax:06-6850-1138・ Email: info@club-meister.net)

キャロウェイゴルフ X12アイアン ライ角調整 & NS 950WF アイアンリシャフト

help.gif  相談者: N.S さん 



プロフィール:
N.S さん 平均スコア90、ゴルフ歴10年、ラウンド数2回/月、ヘッドスピード41~42m/s、飛距離DR220~230,#5 150~160,PW100~110y(キャリー)、身長167cm、体重60kg







相談内容              


キャロウェイX12(シャフトJV200R)5~PW 6本のリシャフトおよび調整を検討しています。
ナイキサスクワッチツアー(10.5°,46inch, Blackspeeder 468GDL F0, 304g, 重心距離42.4mm)を使用し始め、距離等には満足しているのですが、アイアンとのマッチングがよくありません。X12の重心距離(46mm)などは問題がないように思いますが、重量が少し軽くアイアンは打ち急ぐ傾向にあると考えております。鉛やグリップの重さで370~380gに調整していますが、重めの軽量スチールにリシャフトした方が良いと考えた次第です。また、以前より、フェースがかぶって引っ掛けるミスがでたり、抜けが悪く、ロフトやライ角の調整の必要性を感じていましたが、ステンレスヘッドは無理とのことであきらめておりました。御社のホームページでそれが可能とのことでリシャフトの際に調整もお願いできればありがたいです。現在、考えているシャフト及び調整は以下の通りです。
1)#5、37.75inch、405~410g 候補950WF, 1050, ProjectX HL
2)#5のロフト26°で3~4°刻み、ライ60.5°で0.5°刻み
3)ヘッドのトレーディングエッジの研磨(抜けをよくしたい)。
以上、よろしくお願い申し上げます。






アドバイス         


1) シャフト選択:先端をスリット加工したあと、シャフトプラグで塞ぎます。よって重量は2~3gあがるので、候補のなかで950WFがバランス的に適していると思います。


2)#5のロフト26°で3~4°刻み、ライ60.5°で0.5°刻み
  調整可能です。


3)ヘッドのトレーディングエッジの研磨(抜けをよくしたい)。
キャロウェイX12アイアンは、マイナスバンスで抜けは良く、バンスを落す必要はありません。(X12アイアンは打ち込むアイアンではなく、ソールを滑らして打つアイアンです)
抜けの悪さ・引っ掛けは、ライ角をフラットに調整すれば解決します。







ヘッド:X-12 5番~PW
シャフト:NS.950WF (R)  5番~PW
グリップ:ツアーベルベットラバーM60BL有(50.9~51.3g)
ライ角:1度フラットに調整


番手ロフトライ長さバランス重量振動数
52660.5 37.75 D1.5403297
62961.0 37.25 D1.5408*
73261.5 36.75 D1.5418316
83662.0 36.25 D1.5424*
94062.5 35.75 D1.5430*
P4563.0 35.00 D2.0442*



            45a.jpg 
                        
           




リシャフト(シャフト交換) グリップ交換 ライ角調整 ロフト角調整 ゴルフクラブ修理のご相談は


   お問い合わせはこちらに   メールはこちら